諦めるのは原発だけ?

小泉元首相、まだまだたっぷりの毛髪力ですね。
前回の都知事選で立候補し、落選した細川元首相と共に、
今年5月7日に一般社団法人「自然エネルギー推進会議」を設立し、脱原発を目指して
活動中だそうです。

小泉、細川両元首相が再始動 脱原発法人を設立 照準は秋の福島県知事選、来春の統一選
産経ニュースより
細川元首相の在任期間は、1993年8月9日~1994年4月28日。
小泉元首相の在任期間は、2001年4月26日~2006年9月26日。
Wikipedia 内閣総理大臣の一覧

小泉政権は5年5ヶ月間の長期政権でした。
格差社会が広がったのは小泉政権からと言われていますが、
この国の構造を変えた元首相が、今度は何を目論んでいるのでしょう。

諦めるしかない<原発再稼働>小泉元首相「原発はあきらめるしかない」

日本の国の未来を考えての発言・行動でしょうか。

諦めるとは具体的にどこまでの事を言っているのでしょう。
電力会社の原発はともかくとして、研究施設はどうするのか?
一口に原発と言っても、電力供給だけの問題ではありません。

そういえば、事故続行中の高速実験炉常陽は、今年の5月22日から
復旧作業を開始したそうなのに、世間では話題にすら上りません。
ナトリウムの炉の中にネジ6本落としちゃったんでしたね。
茨城の辺りで大きな揺れ(地震)があると、いつも不安を感じます。

高速実験炉「常陽」燃料交換機能の復旧作業開始について(お知らせ)

核融合の研究も止める方向でしょうか?
核融合は自然エネルギーですよね。
宇宙に無数にある恒星、太陽のエネルギーも核融合反応です。
人の手で核融合させる時点で、自然とは言えないのかもしれませんけれど。

日本や人類の未来を考えてのことなら、表面的に電力会社の原発のことだけを
問題にするのはおかしいです。

自然エネルギー推進会議のHPを読んでも、明確なビジョンが見えてきません。
政治的なパフォーマンスなのかなと思ってみたり。。。

もしそうだったら何の為に?

何か裏を感じてしまうのは、単なる考え過ぎでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA